リアルすぎる神奈川塾講師の転職口コミブログ!

40代なかばまでに4回転職を成功させた現在は、地方の中堅学習塾に勤務しているSarutahikoによるブログです。どうして4回も転職したのか、いかにして180万円の年収を550万円にまでアップさせたのか?塾業界への転職をご検討中のみなさんに勇気と有益な情報を提供できれば幸いです。また、塾業界で力を発揮したい皆様におすすめの求人情報、転職サイト等も紹介しています。

塾業界でホワイト企業を探す!やる気グループ上場で株価・評判も上昇?

f:id:usumiking:20170604211922p:plain

 

 

スクールIEっていう企業名を聞いたことはありますか?

 

テレビのCMなどでご存知の方は多いと思います。

 

そう、「やる気スイッチ」で有名なあの個別指導塾のことです。

 

今回はスクールIE(やる気グループホールディングス)に関連したお話をしていきたいと思います。

 

 

 

 

で、突然なのですが、小6英語の授業での出来事を以下に記してみようと思います。

 

本当に私、現役の先生なんですよ?

 

私が東証一部上場の学習塾に勤務していた時のお話です。

 

今はホワイト企業診断士と名乗って、ブログを運営してますが、今でも現役です。エッヘン。

 

 

f:id:usumiking:20170604212214p:plain

 

 

ワシ:「さあ、今日は予告通り、曜日の書き取りテストやるで~!もう大丈夫だよね?」

 

 

生徒A:「え~」

 

 

生徒B:「今日でしたっけ?マンデーは書けるけど・・・」

 

 

ワシ:「じゃあ、ノートあけてみよう。ほら、書いてある。練習してきたね?」

 

 

生徒C:「先生、今日、遠足いってきて、そのまま来たんだよ!練習できてません」

 

 

ワシ:「あ、そう。前回の授業から5日空いてたんやけど・・」

 

 

生徒D:「となりのスクールIE行って、やる気スイッチ押してもらってこようかな~」

 

 

ワシ:「おお、ナイスアイデア!じゃあーねー、バイバイ。もう帰ってくるなよ(笑)」

 

 

その他の生徒:「じゃあね、D。もう帰ってくるなよ~(笑)」

 

 

生徒D「嘘です、先生ごめんなさい。もう言いません。やりましょ、テスト!」

 

 

ワシ:「じゃあ、単語テスト配りまーす。」

 

 

f:id:usumiking:20170521140358p:plain

 

 

 

2日後・・・

 

 

生徒Dの机には、どこかでもらってきた「やる気スイッチ」のポケットティッシュがこれ見よがしに(私に見えるように)、置いてありました(この後、プロレス技をかけときました・・)。

 

 

「やる気スイッチ」というネーミングは心にスッとはいってきますよね?

 

関連動画:やる気スイッチオン!

 

 

さて、本題に入っていきましょう!

 

学習塾大手、やる気スイッチグループホールディングス(以下、やる気グループ)が国内独立系の有力投資ファンド、アドバンテッジパートナーズ(以下、AP)の傘下に入ることで合意したことがわかったのは、2017年5月31日のことでした。

 

このことを私は、新聞で知りました。

 

非上場企業の経営支援を多く手掛けたAPを後ろ盾に事業規模を拡大し、5年以内の株式上場を目指すといいます。

 

神奈川新聞の記事によると、APの傘下に入った後も、やる気スイッチグループホールディングス社長、松田正男氏が社長として引き続きグループ経営のかじを取るようです。

 

f:id:usumiking:20170521134859p:plain

 

 

 スクールIEに続き、湘ゼミも経営支援を受け上場か?

 

 

やる気グループはAPの後押しで認知度を向上させ、スクールIEの教室数増加に弾みをつけたいというのが、上場の最大の理由でしょう。

 

図形を立体的に理解できるデジタル教科書やインターネットを使った遠隔指導など、顧客のニーズが高いIT対応も進めていくといいます。

 

また、都市部の高い教育水準を求める保護者への訴求コンテンツとして、英会話教室や英語を活用した学童保育も強化していくみたいです。

 

さらにさらに、外国人講師の派遣も行うコンサルティング大手のリンク&モチベーションからの出資も受け入れ、語学に強い人材を確保する(無敵じゃん?)。

 

f:id:usumiking:20170604215819p:plain

 

 

以上は、神奈川新聞6月1日の経済面の記事の要約ですが、上場すると、すごい効果が得られることがわかりました。

 

 

上場するメリットはまとめると、以下の3点です。

 

  • 経営支援で多額の出資をうければ、事業拡大を加速することが出来る。

 

  • ITを使った通信教育や英会話も含め、業界再編の動きにも影響を与えられる。

 

  • 他社との「差別化」が進み、競争力がさらに増していく。

 

 

f:id:usumiking:20170604215939p:plain

 

 

湘南ゼミナールはスクールIEのように上場するのか?

 

 

f:id:usumiking:20170604154708p:plain

 

やる気グループは本社は東京にありますが、業界再編の際には神奈川の学習塾への影響も出てくるのではないでしょうか?

 

このブログ名にもなっている、神奈川の現在の学習塾事情をリアルに記すとすれば以下の通りです。

 

神奈川、とりわけ東部の横浜エリアでは湘ゼミは強い塾ですが、全国レベルでの知名度はまだまだと言えます。

 

臨海セミナーは東大プロジェクトが成功し、知名度をあげ、首都圏進出は成功しているように見えます。県内では、営業のやりすぎで、ちょっとブランド力が低下してます。

 

STEPは神奈川西部を固めましたが、東部(横浜エリア)への進出は苦戦しています。

 

近年、東部進出の足掛かりとして、湘ゼミの縄張り地域、川和高校のエリアに食い込もうとしています。

 

川和のシェアをSTEPにとられると、湘ゼミ内部でも衝撃が走るでしょう。ここは死守しなければならないと思います。

 

 

f:id:usumiking:20170604220039p:plain

 

湘ゼミのHPや口コミなどを見ていると、「全国ナンバーワン」を目指していることがわかります。

 

STEPや他社へ人材を流出させないためにも、経営陣は踏ん張りどころかもしれません。

 

以前の記事でも書きましたが、現経営陣になってから、社員の満足度は向上しています。それは、転職会議などの社員口コミサイトをみるとわかってきました。

 

f:id:usumiking:20170605082924p:plain

 

 

湘ゼミは今、転換期にあります。

 

 

これからの変化が見ものです。

 

 

この会社の観測は面白いです。

 

 

繰り返しになりますが、

 

 

「全国ナンバーワン」を目指す!

 

 

という経営陣のメッセージは、「上場」をにおわせているのではないかと邪推してしまいます。

 

やる気グループも、湘ゼミも、株を仕込む方は、目をつけておいた方が良いでしょう。

 

f:id:usumiking:20170604220544p:plain

 

 

湘ゼミ社員は結構、株持っているらしいですしね。

 

 

マザーズ上場くらいでも、中古マンション買える社員もでてくるんじゃないでしょうか?

 

 

いつか、湘ゼミと上場している学習塾の売上げなどを比較した記事を書きたいな、と思っています。

 

 

結論だけ先に言っておくと、湘ゼミは全国有数の塾に決して引けを取りません。

 

 

売上なら、臨海も湘ゼミも全国上位レベルです。

 

 

湘ゼミはやる気グループのように経営支援をうけて、上場を目指すのか?

 

 

今後の動きを見守っていきたいと思います。

 

関連動画:あまり知られていないやる気スイッチの少年のその後

 

 

今、Fラン文系で就活している人、中途採用の方で「何が何でも上場企業に入社したい人」は抜け道として、上場間近のスクールIEや湘ゼミへの入社を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

インターンにいくなり、説明会に行くなり、抜け道はあると思います。

 

 

STEPの例をみるまでもなく、上場すると、入社難易度はあがります。

 

 

STEPはもう、新卒は高学歴軍団です。

 

 

知人の話で、知っているかぎり列挙すると・・

 

東大もいる。

 

東工大もいる。

 

眞子様の国際基督教大学も。

 

早稲田も。

 

もう、有名どころばかりです(といっても、高学歴だからといって教師として上手くいくとはかぎりません。バカの発想のほうが生徒の気持ちをつかめることが多いのも事実ですから)。

 

中途採用者は動画エントリーといって、授業を撮影し、それを提出してオーディションをうけるシステムとなっています。

 

関連:学習塾STEPの中途採用 動画エントリーについてはコチラ↓

 

www.xn--vns3rq7i7il47iv5i0wsc3g.com

 

 

 

f:id:usumiking:20170604155026p:plain

 

 

あなたならどうしますか?

 

 

私が未経験ならば、今ならすんなり入社できそうな、スクールIE(モチロン本部直営を狙ってください!)・湘ゼミに入社し、室長を経験して、年収を600万までもっていきます(臨海ならブロック長レベルかな?)。

 

スクールIEや湘ゼミが上場して企業としての安定度、福利厚生がさらに向上すれば、40代以降も勤務してもよいでしょう。

 

その見込みもないなら、競合の安定企業STEPに移籍してもOKです。(神奈川で塾講師を目指す場合)。

 

スクールIEや湘ゼミに入社するなら、上場する前の「今でしょ!」

 

湘ゼミ入社を検討している方はコチラ。超簡単にエントリーできます!

28年連続増収!未経験で月給25万以上!湘南ゼミナールの教室長候補募集!

 

関連動画:やる気スイッチの少年のその後が鬼畜すぎる