リアルすぎる神奈川塾講師の転職口コミブログ!

40代なかばまでに4回転職を成功させた現在は、地方の中堅学習塾に勤務しているSarutahikoによるブログです。どうして4回も転職したのか、いかにして180万円の年収を550万円にまでアップさせたのか?塾業界への転職をご検討中のみなさんに勇気と有益な情報を提供できれば幸いです。また、塾業界で力を発揮したい皆様におすすめの求人情報、転職サイト等も紹介しています。

塾業界のホワイト企業を探す ランキング発表in 神奈川 栄光ゼミナール参戦! 

f:id:usumiking:20170503232746p:plain

 

塾業界にホワイト企業はあるのか?塾業界でホワイト度の高い会社を探して10年以上になります。ブログ運営者のSarutahikoです。

 

今回は、中高年の塾講師さんに悲報があります。

 

それは・・・

 

20代の塾講師が50代の年収を逆転しはじめた!

 

というものです。友人が務める超一流企業のお話なんですけどね・・聞きたいですか?

 

f:id:usumiking:20170503232818p:plain

 

そうなんです。ついに本格化した模様です。40代以上の生徒からの人気のないベテラン講師たちを部屋にとじこめ、「追い出し研修」をしたり、「指導科目の変更」で追い出しをはかる加圧トレーニングなどグイグイ締め付けを行ってるようです。

 

一方、幹部育成のために、20代塾講師を会社があらゆる面でサポート。そのバックアップ感は40代以上のベテラン社員のモチベーションがガタ落ちするレベルです。

 

教材作成能力、得点力に勝る40代社員が20代社員にボーナス査定で2段階差をつけられたりしている模様です。中には車一台分差をつけられたという情報も入っています。

 

20代の教室責任者、40代の一般社員。年下上司年上部下の関係は終身雇用、年功序列時代の終わりを告げています。

 

これまで会社の求めに応じ、忠誠をちかってきた、ベテラン社員たちが窮地にたたされています。

 

毎年ベースアップもあり、休みが少ないことを除けば、公務員みたいな待遇。50代の塾講師たちはこのまま逃げ切れる!と考えていたのではないでしょうか?

 

f:id:usumiking:20170503232842p:plain

 

この雇用を取り巻く動きは2014年に、ソニーや日立製作所が採用した「職務給」の流れをくんでいると感じます。

 

業界のリーディングカンパニーに勤めているからといって、社員は油断できない労働環境に立たされていることを知りました。

 

話がだいぶそれてしまったので、職能給のお話はまた別の機会にお伝えしますね♪

 

さて、今回は、CMでおなじみの栄光ゼミナールが参戦です。拠点は神奈川ではないのですが、神奈川に進出してきている企業なので、恒例のランキングに参加してもらいましたよ?

 

業績がいい企業がホワイトとは限らない・・かもしれない。

 

むしろ、「ゆるくて」「業績が悪い企業」の方が後から考えると「はたらく人」にとってはホワイトかもしれない・・。

 

そのように結論づけるのは早急だと思いますが、塾講師の先生たちには健康第一、カラダをいたわって、命に感謝して生徒の指導に当たってもらいたいと思います。

 

過労死してでも、スキルや営業成績を向上させる。モーレツな企業はあるものです。話がだいぶ脱線しました。栄光ゼミナールを含めたランキングを見ていきましょう!

 

f:id:usumiking:20170503232914p:plain

 

 

転職会議による「総合評価」による働きやすさランキング

 

 

〈参考サイト〉転職会議:https://jobtalk.jp/

 

1位 湘南ゼミナール

2位 市進学院    

3位 STEP

4位 中萬

5位 秀英予備校

6位 臨海セミナー

7位 早稲田アカデミー

8位 栄光ゼミナール

 

※以下の画像は転職会議より

※栄光ゼミナールの数値は2017年5月3日時点

※数値が同率の場合は、神奈川に拠点がある塾を上位にランクづけています。

f:id:usumiking:20170430222324p:plain

f:id:usumiking:20170501121545p:plain

f:id:usumiking:20170430222333p:plain

f:id:usumiking:20170430222340p:plain

f:id:usumiking:20170430222347p:plain

f:id:usumiking:20170430222358p:plain

f:id:usumiking:20170430222404p:plain

f:id:usumiking:20170503223629p:plain

 

 

塾業界でホワイト企業を探す旅 TVCMでおなじみ栄光ゼミナールとは?

 

f:id:usumiking:20170503232954p:plain

 

 

以下には、転職会議にあった栄光ゼミナールに関する口コミを短くまとめて記載してみました。

 

詳しく知りたい方は「転職会議」を閲覧して各項目の口コミを精査してみてくださいね?

 

あなたにとって、ホワイト度の高い企業がみつかれば幸いです。

 

 

栄光ゼミナールの特徴

 

  • 一度昇格したら余程のことがない限り降格しない。
  • そのため中間管理職の危機感が希薄。
  • 室長でも週休み2日とれる。課長レベルは激務必至。
  • 結婚や出産によって扶養家族が増えると、昇格していく傾向がある。
  • 優良教室は職員を大切にしようという雰囲気が感じられる。 

 

ライフワークバランス

 

  • 塾業界では休日が取りやすいほう。以前より取りやすくなった。
  • 有給休暇などの制度がしっかりしています。
  • 待遇の良さに社員が甘えているように感じる。
  • 仕事よりもプライベートを優先する社員が多すぎる。
  • 以前よりはだいぶ働きやすい環境になった。

 

 

企業の成長性・将来性

 

  • 強みは栄光というブランド力。CMや広告を多く出してる。
  • 首都圏を中心に大規模に展開。他塾よりは有利だと思う。
  • 今後は競合他社の参入が増えてくると思う。

 

 女性の働きやすさ

 

  • 女性が産休、育休など取りやすい。
  • トータル三年は取れる。
  • だが、一年ほどで復帰する人が多数。

 

 研修など社内教育

 

  • 御三家等の指導がしたいなら、サピックスや早稲アカを選ぶべき。
  • 実力のある教師の流出が止まらない。
  • 研修はたくさんあるが、内容面はあまり参考にならなかった。

 

総括

 

f:id:usumiking:20170503232733p:plain

 

 

栄光ゼミナールの口コミが一番酷かった時期が2013年の頃でした。この頃の口コミは激辛でした。また、非正規社員が多いため、出入りも激しいので数値は低めに出ています。転職会議の総合評価は2.9。最下位に位置してしまいました。

 

  • 管理職に昇給したら、降格がない。
  • そのため、緊張感が欠けている。
  • 待遇の良さに社員が甘えている。
  • プライベートを優先しすぎる社員が多い。

 

f:id:usumiking:20170503233026p:plain

 

このような「ゆるさ」がでてきたのは、近年の口コミです。実際に中で働いたわけではないので、実態はわかりませんが、以前より働く環境は改善されているかもしれません。

 

平均年収は塾講師(正社員)で年収300万円から500万円。最頻値は400万円届くか届かないか?くらいでしょうか?非正規は100万から200万というレンジでした。

 

最後に参考のため、栄光ホールディングス(持ち株会社)の社員の平均年収は686万円でした。