リアルすぎる神奈川塾講師の転職口コミブログ!

40代なかばまでに4回転職を成功させた現在は、地方の中堅学習塾に勤務しているSarutahikoによるブログです。どうして4回も転職したのか、いかにして180万円の年収を550万円にまでアップさせたのか?塾業界への転職をご検討中のみなさんに勇気と有益な情報を提供できれば幸いです。また、塾業界で力を発揮したい皆様におすすめの求人情報、転職サイト等も紹介しています。

神奈川でホワイト企業を塾講師が探すシリーズ  ランキング付き 

f:id:usumiking:20170430223710p:plain

 

完全ホワイト企業を探して10年以上たちます。ブログ運営者のSarutahikoです。東本願寺しかり、ヤマト急便しかり。日本企業はどこもブラックばかりなのでしょうか?ブラック体質は塾業界ばかりではなさそうです。

 

あと何年かしたら、従業員に優しい優等生のような学習塾が出てくることを願います。

 

それでなくても、塾講師が結婚できないことも問題になっています。離職率も三年以内で50%近い業界です。近年は長期的な人材の育成が出来てない企業では、のちのちにボディーブローのような打撃をうけ、企業の経営が圧迫されています。

 

今回取り扱う、早稲田アカデミーも、事業拡大しているが、人材育成が追いつかない模様です。どの業界でも人手不足が深刻化する中で、人材の定着が企業の成長性のカギになると思います。

 

完全なホワイトというのはすぐには難しいかもしれません。三井物産や住友商事のような会社と比べてしまうのは酷です。インフラの代表格、東京電力にいたっては、年俸制にして、給料を20%カットしたものの、基本給以上に残業代で年収を増やす社員もいるようです。

 

みなし残業を導入され嫌な気分をしている塾講師のかたもいらっしゃいますが、みなし残業を公にしていなくても、タイムカードすら設置されていない企業はまだまだあります。手書きの勤務報告書ですね。

 

少子化で競争激化は必至ですが、完全週休二日制、有給の取得、意味のない残業、休日出勤を少しでも減らす方向に業界全体でシフトしてもらいたいものです。

 

それではおまたせしました。神奈川四大塾と秀英予備校、さらに早稲田アカデミーを加えた転職会議の「総合評価」を指標としたランキングを発表したいと思います。

 

 

神奈川学習塾 働く人にやさしいホワイト度の高い企業 ランキング発表!

 

〈参考サイト〉転職会議:https://jobtalk.jp/

 

1位 湘南ゼミナール

2位 STEP

3位 中萬

3位 秀英予備校

5位 臨海セミナー

6位 早稲田アカデミー

 

f:id:usumiking:20170430222324p:plain

f:id:usumiking:20170430222333p:plain

f:id:usumiking:20170430222340p:plain

f:id:usumiking:20170430222347p:plain

f:id:usumiking:20170430222358p:plain

f:id:usumiking:20170430222404p:plain

 

f:id:usumiking:20170430223427p:plain

 

秀英予備校と早稲田アカデミーの数値は2017年4月30日時点の数値です。年収がとびぬけて高い社員がいる一方で、管理職ではなく一般職の給与は、ボーナスが低めに設定されているため、中途採用で450万円前後でしょうか?

 

アルバイトの数も多く、出入りが多いため、こういう会社は総合評価の数値が低めに出る傾向にあります。臨海セミナーもそれに該当します。

 

早稲田アカデミーを今回とりあげたのは、一部上場したこと、それから神奈川に進出してきている塾という理由です。

 

「神奈川でホワイト度の高い、働く人にとっての優良企業を探す」というテーマでこのブログを運営しているため、ランキングさせてもらいました。

 

 

最後に

 

 早稲田アカデミーに関する口コミを載せておきます。詳しくは転職会議をご覧ください。

  

早稲田アカデミー 社員の年代別年収の違い

  • 完全な実力主義なのでより年功序列型の制度を加えてもよいかと
  • 残業代は、責任者にもよるが大体つけてもらえる。ボーナスは安い。
  • 完全実力主義なので年功序列型の制度を加えてもよいかと。
  • 部長クラスになると給与は1000万以上。
  • 中途採用は年収450万程度でスタートしている。
  • 非正規社員、アルバイトの数もかなり多い。年収60万~200万くらい。
  • 若い正社員で350万円から400万円。
  • 30代で450万円から500万円クラスもいた。

 

早稲田アカデミーの特徴

  • 今年東証1部上場入り。
  • 体育会系の社風で、専任、時間講師ともに体育会系のノリ、熱さが求められる。
  • 夜が遅い時間なので女性の人にはハード。
  • 産休、育休もとれますが、会社復帰後は肩身がせまいかも。
  • 帰宅が深夜になるので、女性にとっては体力的につらいです。
  • 女性は20代後半までに辞める人が多いです。
  • 休日の調整がしずらいため友人や家族との予定が立てづらいのが一番の難点。
  • 教育業界全体の問題ですが、仕事のオン・オフの切り替えは大変難しいです。
  • 残業・休日出勤が多く授業準備で休日に十分とれない。
  • 入社後数年は授業準備がかなりきつい。

 

早稲田アカデミーの事業の将来性

  • 高校入試はダントツの強さを誇っている。
  • 中学入試においてはサピックスに大きく後れを取っている。
  • 人手不足で仕事量が増し、個々人の仕事を圧迫している。 

f:id:usumiking:20170430223950p:plain

 

 

※勤続年数ランキンング 上場企業編

 

  • f:id:usumiking:20170430224234p:plain

f:id:usumiking:20170430224049p:plain

 

※平均年収ランキング 上場企業編

f:id:usumiking:20170430223323p:plain