リアルすぎる神奈川塾講師の転職口コミブログ!

40代なかばまでに4回転職を成功させた現在は、地方の中堅学習塾に勤務しているSarutahikoによるブログです。どうして4回も転職したのか、いかにして180万円の年収を550万円にまでアップさせたのか?塾業界への転職をご検討中のみなさんに勇気と有益な情報を提供できれば幸いです。また、塾業界で力を発揮したい皆様におすすめの求人情報、転職サイト等も紹介しています。

塾業界にホワイト企業はあるのか? 東証一部上場学習塾STEP・湘ゼミ・臨海・中萬をランキングづけしてみた!

f:id:usumiking:20170420224343p:plain

就職、転職を検討する場合は、企業の口コミ情報に目を通されると思います。当ブログでもVorkersによる口コミを参考に、情報を提供しております。以下にVOKERSとはどんなサイトか?軽くまとめますね?

 

〈参考サイトVOCERS〉 :https://www.vorkers.com/ 

 

神奈川で塾講師として就職・転職する際の必勝ツールとは?

 

Vorkersはヴォーカーズと読みます。株式会社ヴォーカーズによって運営されていて、企業に関する就職や転職関連の社員クチコミを提供するウェブサイトです。経営理念は「働きがいをすべての人へ」というものです。

 

就職や転職の参考資料として、企業の職場環境に関する「社員・元社員による評価点やレポート」を共有するWEBサービスを2007年から開始し、投稿型で情報を収集している。レビュー数46万件超で国内最大級です。

 

当ブログは、塾講師の転職にまつわるものですが、「生徒」のためでもなく、「保護者」のためでもなく、「株主」のものでもない。「はたらく人」のために情報提供したいと考えています。VOKERSや転職会議、転職ステーション、企業の掲示板を通して、独自のフィルターでレビューを行い、あなたの就職活動に役立ててほしいと考えております。

 

あなた独自のフィルターを通して、ホワイト度の高い会社を、選択してくださいね♪それでは、VOKERSによる神奈川4大塾に関するランキング(総合評価編)です。

 

塾業界でホワイト度の高い会社をランキング 総合評価編 by VOKERS 

 

「塾業界でホワイト度の高い会社」という視点でランキング。今回はVOKERSによる評価点で順位付けしました。以下は「総合評価」(5点満点)での順位です。2017年4月20日現在の結果です。

 

1位:ステップ

 

f:id:usumiking:20170420103512p:plain

 

社員の士気が高いというのは確かでしょうね。4.0ポイント!生徒がビシッとせざるを得ない環境ずくりができています。楽しいとけじめの使い分けができる塾といえるでしょう。STEPの駐輪場は整理整頓されている校舎が多い印象です。お暇なときでも、ご覧ください!

 

 

2位:湘南ゼミナール

 

f:id:usumiking:20170420103527p:plain

 

転職会議での総合評価は1位だっただけに残念!注目すべきは、若手や未経験者が成長できる環境を提供できているところです。フラットな社風だけに、新入社員でも意見を聞いてもらえて、ホメて伸ばす風土は、塾業界初心者には最適。 

 

3位:臨海セミナー

 

f:id:usumiking:20170420103537p:plain

 

転職会議の4位から、順位をあげました。注目すべき項目は「有給の消化率」。一番高い数値をたたき出しています。

 

4位:中萬学院

 

f:id:usumiking:20170420103548p:plain

 

残業時間が多い印象ですが、転職会議での口コミでは、唯一、申告した残業時間が認められる企業?のようです。他社はみなし残業ですから、この残業時間の長さは一見、デメリットですが、お金に換算してもらえればメリットになりうる項目です!

 

総括

数値はあくまで参考資料にしてくださいね?

 

たとえば、中萬。残業時間長いですが、これがみなし残業でなく、ちゃんとお金に換算されていたら、むしろメリットになりそうです。

 

臨海は10年くらい前にブラックのイメージがつきましたが、有給消化率が高いです!

 

自分にとってホワイト度の高い企業を探す参考にしてくださいね?

 

以前、レポートした「転職会議」の口コミによる順位とは異なる結果がでました。前回は①湘ゼミ②ステップ③中萬④臨海の順でした。

 

VOKERSでは、1位STEP、2位湘南ゼミなーる、3位臨海セミナー、4位中萬学院という結果になりました。

 

総合評価は全体を表す指標になりますよね?

 

でも、入社後にギャップを感じないように個別事項についても探っていく必要がありますので、今後のレポートに注目してくださいね?

 

 

 

 ↓ 広告期間が終了したので今のおススメはコチラ!

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/usumiking/20171031/20171031182902.jpg