リアルすぎる神奈川塾講師の転職口コミブログ!

40代なかばまでに4回転職を成功させた現在は、地方の中堅学習塾に勤務しているSarutahikoによるブログです。どうして4回も転職したのか、いかにして180万円の年収を550万円にまでアップさせたのか?塾業界への転職をご検討中のみなさんに勇気と有益な情報を提供できれば幸いです。また、塾業界で力を発揮したい皆様におすすめの求人情報、転職サイト等も紹介しています。

塾業界でホワイト度の高い企業を探すin神奈川 年収比較 STEP・湘ゼミ・臨海・中萬

塾業界でホワイトな企業を探しましょう!

f:id:usumiking:20170411002021p:plain

 

今回の記事は3500字程度です。神奈川4大学習塾について、「転職会議」における評価を基準にランキングをつけさせてもらっています。

 

で、今回で5回目なのですが、いよいよ「給与(年収)」編です。気が早いかたは下までスクロールしてからご覧くださいね。

 

このブログは神奈川県で塾講師として働くことを検討中のあなたに、勇気と有益な情報を提供していきたいと考え、運営しています。

 

このブログを運営して10日が経とうとしております。

 

ウエブマスターツールというのがあるんですけど、それを見ると皆さんがどのようなキーワードを打ち込んでこのブログにたどりついたのか?わかるのですが・・・

 

「塾業界 転職」「Fラン 就職先」「40代 転職 塾講師」「湘南ゼミナール 中途採用」

 

などの用語がありました。

 

f:id:usumiking:20170808204754p:plain

 

この10日間、色々書いてきたのですが、みなさんの知りたい情報の核心に一歩でも近づけるように、1日でも長くこのブログを運営して参りたいと思います。

 

ネット上には有名な巨大掲示板や転職口コミサイトがあります。とりわけ、巨大掲示板では、大手にいたっては中傷するようなコメントが多数残されています。

 

それが真実なのか、嘘なのか?しっかりしたフィルターを通して、選別しないと「判断」を誤りかねません。

 

f:id:usumiking:20170808205016p:plain

 

このブログ運営者のSarutahikoは塾業界を4回転職、年収は180万円から550万円まで伸ばすことに成功しました。

 

一部上場企業では、もっと年収を増やすことも可能だったと思いますが、もともと平均的な塾講師でしたので無理をせず、今は仕事のペースを落とし、ライフワークバランスがとれた生活をさせてもらっています。

 

こんな私ですが、ここまでの転職人生はしくじってばかりでした。情報過多の時代、何を信じていいのか、わからなくなることもありました。

 

このブログでは、この会社がいい!などと決めつけるのが目的ではありません。さまざまな角度から、色んな項目で、企業の口コミや情報を分析して、みなさんにとって「ホワイト度」の高い学習塾を選択するのに役立つ「基準」なり「目安」なりを提供するものです。


さまざまな項目でランク付けすることで、「あなたが会社に求めるモノ」と「会社が提供するモノ」がマッチングしたとき、幸せな就職活動になると信じています。

 

通常、転職を重ねれば、条件が悪くなるというのが定説ですが、運が良いことに私の労働条件は「年収」をはじめとするさまざまな項目で良い方向に変わっていきました。

 

20代、30代で、「成長」の機会を失い、今にも人生に「漂流」してしまいそうな不安をかかえているあなた。今の仕事をつづけることに抵抗を感じ、「やりがい」を見いだせないあなた。

 

塾業界はブラックなどという世間の風潮はありますが、ちゃんと探せばあなたにあった会社はきっと見つかります。

 

会社と自分の力量がマッチしたとき、転職が「天職」になるのです。

 

f:id:usumiking:20170808165936p:plain

 

ぜひ、このブログを読み進むうちに、「これならイケる!」という強い覚悟がうまれたら、是非チャレンジしてみてください。決断にはしっかり時間をかけてくださいね。

 

話をもどしますね。

 

このブログでは以下の2つの基準で、口コミ・書き込みを選別し、独自のフィルターを通して企業の情報をとりまとめ、皆さんの就職・転職活動に役立つものを提供したいと考えています。


基準1:従業員又は元従業員の「愚痴」のようなコメントは極力除外する

 

基準2:たくさんあるコメントの中で、「共通」するものに着目し、会社の雰囲気をつかむ


そして、私自身の意見は可能な限りフラットな立場で意見を述べたいと考えています。色んな視点を提供し、「この会社なら自分にあっている!」「この会社なら大丈夫だ!」と確信をもって決断できるように一つの「目安」や「基準」をつくりたいと思っています。

 

それではお待たせしました。

 

「転職会議(2017年4月8日現在)」による4大学習塾の給与(年収)に関するランキングの発表です。

 

f:id:usumiking:20170808152332p:plain


「転職会議」による4大学習塾の給与(年収) ランキング(2017年4月8日現在)

 


1位 湘南ゼミナール 

f:id:usumiking:20170410234051p:plain

 

今回、転職口コミサイト「転職会議」の評価項目をひろってランク付けしてきたのですが、年収(給与水準)についても1位を獲得!私はべつに湘ゼミの回し者ではありませんが、5項目のうち3項目、1位という結果はすごいですね!?

 

正直、臨海やステップの情報は多方面で耳にすることが多かったのですが、湘南ゼミナールについては、勉強不足でした。

 

f:id:usumiking:20170808194859p:plain

 

反省とともに、研究対象としてもっと分析していきたいと感じました。詳細につきましては、また個別記事でとりまとめていきます。

 

f:id:usumiking:20170808193349p:plain

 

このランキングを作っていく中で、YouTubeで湘ゼミの先生の授業を拝見させていただいたのですが、「勢い」があって「あきさせない」力のつく授業だと思いました。

 


 

 

Q1グランプリ2016・Final - ダイジェスト

 

ここで室長までいけば、社内に残るもよし、他社でさらなる年収アップも図れそうです。入社ハードルは異業種からの転職や、未経験者への採用の間口も開かれており、「成長」の機会をえられそうです。

 

 

Q1グランプリ2017 本選 鷺沼教室 稲垣優生先生 理科

 

先ほども述べましたが、ウエブマスターツールを見ると、「湘南ゼミナール 中途採用」という検索ワードでこのブログにたどりついた方がいることがわかりました。みなさんの潜在的な転職先候補として、注目が集まっていることを肌で感じました。

 


2位 STEP 

f:id:usumiking:20170410235331p:plain

 

さすが東証一部上場企業。年収ガイドなどのサイトに全社員の平均年収や過去数年間にわたる給与水準の推移もさがすことができました。その推移なのですが、東証一部になり「株主利益」を優先するためか、年々平均年収が下がってきています。

 

上場前のSTEPは良い意味で「おじさん臭」のする会社で個性的な授業をする先生が多かった印象でした。平均年収が600万円近く・・・という学習塾で働くものにとって、「夢」を与える会社でした。

 

最近はベテランへの風当たりが強くなっている、という口コミから想像すると、前ほど仕事の量に対して給料をもらえていない、と不満を感じる社員が増えているのかもしれません。

 

それでも、今回2位という順位でしたが、業界内では「高年収」を保証する学習塾であることは変わりありません。ただ社員に求める要求水準は高い、と言えるでしょう。

学習塾業界において「夢」を与える存在でこれからも走り続けてほしいですね。

 

2位 中萬学院 

f:id:usumiking:20170410234339p:plain

STEPと同率2位でした。同業他社より勤務体系に関してクリアでホワイト。年棒も悪くないというコメントがありました。この会社で勤務経験を積み、転職して年収が50万円あがったというコメントもありました。ステップアップに使える職務経歴を積めるのでしょう。

ただ、中萬学院を退社して他塾へ移籍した人のコメントの中に「会社の温かさ」「居心地のよさ」というコメントが目立ちます。他塾にない魅力があるのかもしれませんね。


4位 臨海セミナー 

f:id:usumiking:20170410235444p:plain

 

ステップが「支援(専門性)」の会社なら、この会社は「成長」の会社。どんどん会社が他県などに進出していくので、ポストは空いているようです。よって、早い時期からマネジメント経験をつめるのがこの会社の強みだと思います。

 

湘ゼミで室長経験のある人間はスライドでSTEPで室長を任される人は多いと聞きます。しかし、臨海の場合、並みの室長レベルだと、STEPでは中堅社員として踏みとどまれるかどうか、の位置づけとなります。努力しないと脱落してしまうレベルかもしれません。

 

しかし、臨海で、ブロック長以上のレベルになると、これはどの会社に行っても通用するスーパー塾講師といえるでしょう。人間力、営業力、根性、教務力が備わった社員ならば、年収はグーンとはねあがると思います。

 

総括


今回の年収編では、まだまだリサーチが甘い部分がある中で、ランキングの発表をしてしまった感があります。東証一部上場企業であるSTEPは公表されたデータをみつけることができたのですが、その他の会社はあくまでネット上の口コミによるものを参考にしただけですから、今後、追記のかたちで、この記事の内容を拡充して情報提供致しますので、しばしお待ちください。

 

ここまで5項目で、各会社を順位づけして、レビューしてきました。

 

それぞれの会社の特徴が浮き彫りになれば幸いです。

 

さまざまな観点から企業分析して、あなたにとって「ホワイト度」の高い会社が見つけられることを陰ながらお祈りします。

 

 

↓ 広告期間が終了したので今のおススメはコチラ!

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/usumiking/20171031/20171031182902.jpg