リアルすぎる神奈川塾講師の転職口コミブログ!

40代なかばまでに4回転職を成功させた現在は、地方の中堅学習塾に勤務しているSarutahikoによるブログです。どうして4回も転職したのか、いかにして180万円の年収を550万円にまでアップさせたのか?塾業界への転職をご検討中のみなさんに勇気と有益な情報を提供できれば幸いです。また、塾業界で力を発揮したい皆様におすすめの求人情報、転職サイト等も紹介しています。

7社目:40代だと塾講師正社員はキツイ・辞めたい!東証一部上場企業を辞めた後の就職先とは?

ライフワークバランスについに目覚める! 

f:id:usumiking:20170404002606p:plain

 大手学習塾の場合、40代以上になると「経年劣化」などと言われ、肩身の狭い思いをしている方も多いかもしれません。とりわけ、平均的なおじさん社員は風当り強いですよね?

 

え?役職ついてたけど・・・最近降格させられたって?ひどい仕打ちですね。若手重視の風潮の背景はなんとなく理解しているのですが、これはまた今度、しっかり調べてレポートします。

 

 話を戻しますね。

 

授業のキレなどが落ちてきて、大手学習塾では「窓際」においやられて悔しい思いをされている方も少なくないと思います。

 

ベテラン特有の「味」のある授業は、若い先生たちの「勢い」のある授業を際立たせ、補完する重要な役割があります。前に出ることはないですが、教室内で「見えない」仕事をしていて、いなくなるとその存在感は増すものです。

 

野球で言うならば、元エースが中継ぎになったり、スラッガーがバンドしてランナーを進めたり、ピンチの時に、重要な役割をするのがベテランなのです。経験値は馬鹿になりません。

 

大手で、業界内での賃金も高いほうだし、財務基盤もしっかりしている。業績も悪くない。いそがしすぎる、けど・・・やりがいがある。ローンもあるし、家庭もあるし・・・。

 

そんな会社に「しがみつく」のもありですし、「しがみつかない」生き方を選択する人もでてきています。

 

「豊かな暮らし」というのは、各人のとらえ方だと思います。

 

経験をつみ、実績をあげ、競争にうち勝ち、地位を上げ、年収アップをはかる。これも「豊かさ」のひとつでしょう。

 

一方、仕事のペースを落としつつも、「生活の質」を重視し、自分の体と精神をいたわり、自分を大切にする余裕をもつ。そして、これまでの「経験」を高く評価してくれて、承認欲求も満たされる新天地を求めて移籍する。これも「豊かさ」だと思います。

 

人生のライフステージにおいて、選択の仕方は様々だと思いますが、30代までの私は前者の生き方を選択しました。そして、40代半ばになった私は、2年前に後者の生き方を選択することにしました。

 

ワークライフバランスを重視し、選んだ転職先は大手からのヘッドハンティングで急成長をとげた中堅学習塾でした。

 

この会社は、「給与」水準は「高い」ですが、大手にくらべると「労働強度」はダントツで「軽い」です。40代なかばには、とてもありがたい職場です。

 

科目も1科目に専念でき、40代以上でも「人生経験」を重視してくれる地方の中堅学習塾では「点取り屋」を量産するのではなく、「人間教育」という生徒一人ひとりの尊厳を大切にしています。

 

バリバリの東証一部上場企業を10年経験。その後、地方の中堅学習塾に2年間勤務してきましたが、その感想は・・・

 

「やりがい」といった精神面の充実と、「満足のいく収入」といった物理的な満足感の両方を得ることができました。

 

「転職」人生の果てにやっと「天職」に出会えた・・・と実感しています。

 

私と同年代の40歳以上の塾講師に質問です。以下の内容で思い当たることはいくつありますか?

 

 40歳以上の塾講師のやめたい度チェック!

・最近、「経年劣化」という言葉を聞いて、他人事ではないと感じている

 ・若くて勢いのある人間がどんどん台頭してくると、長く働いている人間は役職を奪われて月給を下げられるのではないかと不安になり寂しく感じる

 ・若い人にとっての給与水準は高く、充実していると思う

 ・若い先生のほうが生徒も親近感をもちやすいので、人気が落ちるのは仕方ない

 ・会社の発展と成長を支えてきた社歴が長いベテラン社員に対して、風当りが強すぎる

 ・ホームページや広告をみると、スポットライトを当てられるのはいつも若い人間だ 

 ・見せしめで新人と同じ研修をうけさせられている人を見て、次は我が身と思う

 ・退職金も出ないし、これ以上長く働くメリットは何にもない

 ・未来を感じられない 会社としても個人としても

 ・安定した収入を保証される代わりに、自分を抑えて我慢することが多い

 

 こんな症状に完全に見舞われていた頃、会社の先輩や仲良しの同僚にも内緒で、移籍先をうっすら検討し始めました。

 

半年間、悩み苦しみ、「退職」の意思を会社につたえると、会社の幹部により4回も遺留するように説得されました。

 

会社の「資産」と尊敬する上司に言われた時は、胸にこみ上げるものもありましたが、10年間お世話になった会社を退職する決意をしました。

 

おっと、しめっぽくなってしまった。

 

さてさて、次はどうやって塾講師が天職となる転職先をみつけたか?レポートしますね。

 

高額報酬がもらえるアルバイト情報はコチラ 50万円を超える超高額案件も